2019年8月16日金曜日

独自の魔法解釈が光る少女の成長譚

 今回紹介させていただくのはこちら。

小間使いは落とし物係ではございません


 転生者がスキルや記憶の有無で分類される世界。
 1類は歴史に残る英雄。
 2類は世の中に役立つ能力持ち。
 森で拾われた少女カリンは、転生者だったが、分類では3類という比較的よくいる、そこまで力のない存在でした。
 しかし、生まれと村での生活を通して、魔力感知が鍛えられ過ぎてしまい、カリンの見える世界は一変してしまう。
 物に宿る魔力自体を感じ、意思疏通が出きるようになったのです。

 独自の魔力解釈が生む独特の世界観の中で、不遇な生まれの少女の成長と規格外になっていく様子が非常に説得力を持って描かれています。

 小間使いになる前から面白いのですが、魔法学園の小間使いとして本格的に活動を始めたカリン。どのような出合いが待っているのか期待大です。

小間使いは落とし物係ではございません

2019年8月14日水曜日

軍隊色強めのVRMMOもの

今回紹介させていただくのはこちら。

ブラック企業勤めのおっさんがVRMMOにはまった場合


タイトル通り、ブラック企業に勤めるおっさんが主人公です。
 おっさんはVRMMOを始めますが、ゲームで選んだ職業は兵士。そして、モンスターを狩りにも行かず、兵士の仕事はこれだっ! とばかりにクエストをこなし続けます。

 そのクエストも、【巡回】【整備】【料理番】【訓練】【座学】と、どれも地味。巡回は街中の見回りですし、整備も軍の備品の手入れ。特に座学はほぼ授業みたいなもの。

 果たしてゲームのなかでやることかっ、と思わずツッコミが入りそうですね。
 そんな事をゲーム内時間で一年も続けてきたおっさんに転機が訪れます。それは兵士としての出世。リアルの方の仕事の知識を活かしつつ、順調に兵士として出世街道を爆進しはじめるおっさん。
 その内容も兵站業務という渋い所を突き進みます。倉庫の管理から始めり、ついには所属する地方の兵站を一手に引き受けてしまいます。
 増える部下に上がる階級。

 いつの間にか、おっさんは他のプレイヤーとは全く違った形の力を手にしていきます。

ブラック企業勤務のおっさんがVRMMOにはまった場合

2019年7月12日金曜日

重厚なファンタジーと、イチャラブの融合

 今回紹介させて頂くのはこちら。

 勇者なんか嫌いだ


 勇者とその取り巻きが組織化して強権を持ち、好き勝手している世界。
 その世界で超一流の武器職人の息子だった主人公ケイ。
 ケイは勇者達のせいで父親を亡くし、勇者への反感を募らせていた。
 そんなある時、ケイは森で一人の少女ライラを助ける。
 彼女こそ、勇者が倒した魔王の一人娘だった。
 ケイはライラを助ける事を決め、勇者達への反旗を翻す。

 丁寧に描かれる世界観。
 そのなかで主人公ケイの、徐々に積もり積もって行く不満。勇者が持て囃され無体な振る舞いをする現状への反感と、生活のために自身も勇者達に尻尾を振らなきゃならない無念、それが真に迫って描かれる。

 しかし、それも魔王の一人娘であるライラを助けたことで一変する。
 
 生き生きとした登場人物達。
 そしてケイとライラ、そしてケイの幼なじみであるアメリアとのラブラブしい会話が、重厚なストーリーと絶妙なバランスを形作っている一作。